【足育講座・感想】まさか、息子の足の痛みは靴が原因だったとは!!!

カラダ作りで人生を変える理学療法士、はるさんです^^

今日は、足育講座を受けてくださった方の感想をご紹介します。

本人に合った靴を選ぶ事で子どもの足の痛みが改善しました!!!

Qどんな悩みを解消したくてこの講座に申込みされましたか?
子どもの足の痛み
本人に合った靴を選ぶ事で痛みが改善しました。靴の役割や痛みの原因、足の変形についてなど更に知りたいと思いました。
Q講座を受けて具体的にどんな学びや気づき、体感や発見がありましたか?
靴は汚れから守るだけでなく、歩行運動動作を支えたり、アライメントを整える役割がある事。
合わない靴を履いていて、外反偏平足になってしまった息子の足も靴選びや正しい靴の履き方で改善していける事。
Q講座を受ける前と受けた後でどのような変化がありましたか?
以前は足の長さ(cm)とデザインの好みだけで靴を選んでいました。
お話しを聞いてから、その子本人に合った靴を専門家に相談した方がピッタリと合ったデザインの靴に出会える。そして、良い靴を買っても自分で履けないと宝の持ち腐れになってしまうと思い、履き方をサポートしています。
Qこの講座は、どんな方におススメしたいですか?
全てのママさん。
私のようにメーカー品を履いていれば大丈夫と勘違いしている方に特におススメしたいです。
まさか、足の痛みが靴が原因だったとは!!!目から鱗ですよね。
知れば、改善できることはたくさんあります。
靴の選択肢も広がります。
子どものカラダ作りの第1歩として、靴は大切です。
 
The following two tabs change content below.

久保川温加

1981年生まれ、アネゴ肌のO型。陽菜*hinata代表。2児のママ、理学療法士(カラダ作りと生活動作の専門家)。 自身も我が子も靴でカラダが変わった経験と小児靴学を専門的に学んだことから足育活動を始める。 同時に現代っ子のカラダが危機的状況にあることを目の当たりにし、子どものカラダ作りまで活動を広げる。現在、ママから始める子どものカラダ作り「Mom’s first(ママが第一)」をコンセプトにママのカラダ作りにも力を入れている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする