【瞬足編】子どもの靴選び、みんな違うこと言っているけどどうすればいいの?

こんにちは、はるさんです^^

小学校は5月に開催することが多い運動会・・・この機会にぜひ確認しておいて欲しいのが瞬足と足が速くなる体操の2つです。

瞬足のコーナーに差をつけろの靴の目的は?

瞬足のコーナーで差をつけろ!の靴には左右非対称ソールが使用されています。

瞬足の左右非対称ソールについて

なぜ、非常に不自然な非対称ソールが使用されているかと言うと、

左回りのトラック競技で転倒することの多い子どもたちを「転ばずに最後まで力いっぱい走らせてあげたい」という、開発・営業担当の思いがありました。

こんな想いから開発されたようですね。

また、

通常の歩行時(アスファルト・コンクリート・タイル等)では10kgほどの重さでスパイクがへこむためソール全体もフラットとなりますので、普段の日常生活においても影響を与える事はなく、歩きやすい・走りやすいシューズとして履いていただけます!

との記載もあります。

詳細は 瞬足のこのサイトを見てください。

これを踏まえてはるさんは講座でもこのメルマガでもいつもいつも靴は目的に応じて履きわけることが大事です!とお伝えしています。

特にこのコーナーに差をつけろの瞬足に関してはぜひ履き分けをして欲しいです!

上記のことから、通学路ばきにもいいよ!って売られているようですが
通学路は間違ってもコーナーではない(笑)。

この靴は、左回りのトラック競技で転倒することの多い子どもたちにコーナーで差をつけることを一番の目的に開発されています。

走ると歩くではカラダの使い方は全然違います。

ここを踏まえて、あなたはどう考えるのか。

靴選びで最も多いお悩みはこれ

結局、どうすればいいの?

みんな言っていることが違う!

この記事にだけを見てもそう感じた方は、多いはず。

瞬足のサイトでは、日常的に履いても問題ないって書いてある。

はるさんは日常的に履くことは勧めていない。

もう、みんな言っていることが違う!!!

ヒト・モノ・コト選びに困ったら

  • どんな想いで生きているヒトか
  • どんな想いでできたモノ
  • どんな想いであったコトか

このあたりも意識していくと、あまり悩まずに自分で選択する力が格段に上がってきます。

何を信じるかは、あなた次第です。

自分を信じて胃ない人は、結局誰のことも信じていないのです。

まず、自分を信じてあげて。肩の力がスッ〜と抜けていきますよ。

人気の過去記事もここに載せておきます!

▼瞬足の大きな落とし穴!今履いてるその靴大丈夫?今すぐここをチェックして!

「運動会で早く走りたい」お子さんにはこの体操!

もしも「運動会で早く走りたい」お子さんの想いを応援したいなら、トラックを走るときだけ瞬足を履くという選択もあり。

だけど、この体操をすれば、靴に頼らなくても大丈夫です!

こちらの無料動画がめっちゃオススメです

▼これで足が速くなる!?運動会前にオススメの動画!

今の時代、お子さんの想いを叶える選択肢は・・・良くも悪くも無限大に広がりました。

頭でっかちになりすぎるとその選択力は落ちていく一方です!ってことに気づいていますか?

いつも「自分はどうしたいのか?」に戻る習慣ができていくと靴選びも日常のあれやこれで迷い悩み立ち止まる時間が格段に減ります。

実は、そんな選択力もアップしてくれるのが
この無料動画の体操です。

カラダが整うとそんな面も変化していきます〜^^

無料メール講座▼7通で「子ども靴」のみかたがスルスルわかりワクワクする「子どもの未来」を作りたくなる足育入門講座

The following two tabs change content below.

久保川温加

1981年生まれ、アネゴ肌のO型。陽菜*hinata代表。2児のママ、理学療法士(カラダ作りと生活動作の専門家)。 自身も我が子も靴でカラダが変わった経験と小児靴学を専門的に学んだことから足育活動を始める。 同時に現代っ子のカラダが危機的状況にあることを目の当たりにし、子どものカラダ作りまで活動を広げる。現在、ママから始める子どものカラダ作り「Mom’s first(ママが第一)」をコンセプトにママのカラダ作りにも力を入れている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする