【Vol.3・7大栄養素を満たす 】健康美習慣を手に入れる食べるダイエット部

今日は、栄養素のお話をさせて頂きまーす。

食べるダイエット部入部と同時に、みなさんには7大栄養素を満たすサプリメントの摂取をお願いしています。

その理由は、まず先に細胞を満たして頂き、体調の良さを体感して頂きたかったからなのですが、なぜ7大栄養素が必要なのかとサプリメントのご説明をしていきますね。

栄養素に関しては、膨大な量の情報にならないよう100分の1位に(笑)にして、なるべく書きすぎないように頑張ります!

3大栄養素から7大栄養素へ・第7の栄養素の必要性

第7の栄養素・ファイトニュートリエント(植物栄養素)は、近年多くの研究によって身体の機能が明らかにされ、健康維持や病気の予防のために必要な栄養素として注目されています。

そのため、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維とファイトニュートリエントを加えた7大栄養素が主流の考え方に変わってきています。

予防医学の考え方で、健康な身体、美しさ、若さを保つためにはこの栄養素が日々満たされているこ必要があります。

私たちが健康に生きていくために欠かせない、さまざまな栄養素。

中でも、「たんぱく質」「糖質」「脂質」のことを3大栄養素といいます。

この3大栄養素は、私たちのからだの主要な構成物質であり、活動するためのエネルギー源となります。

しかしこれだけでは、エネルギーやからだの原材料をつくり出したり、取り出したりすることはできません。

3大栄養素を処理したり、さまざまなからだの機能を働かせるための栄養素も必要です。

3大栄養素に、からだの機能を調節する有機物である「ビタミン」、生命活動に欠かせない無機物「ミネラル」を加えたものを5大栄養素といいます。

以前は無益な成分とされてきた「食物繊維」ですが、さまざまな生理作用や体内での重要な働きがあることが分かったため、第6番目の栄養素として加わりました。

さらに、抗酸化作用や免疫活性作用のある植物由来成分「ファイトニュートリエント」が加わり7大栄養素に。

これらの成分がそれぞれ大切な役割を担い、日々、私たちの健康を支えているのです。

栄養素の詳しい役割はこちらでみっちり学べます!!!笑

モデーアの考え方

image​​​​​​​

アメリカでは、なるべく薬に頼らず、健康的な食生活や代替医療による予防医学に関心がある人が増えています。

先進国の中で、唯一日本だけが「予防」の概念が浸透しておらず、取り残されているのが現状です。

なので、食物にしてもサプリメントにしても、安心安全なものが簡単に手に入りません。

モデーアは、自然と科学の融合で、植物の持つ「人を癒す力」を最大限発揮できるよう、天然成分の有用性を徹底的に研究し、科学の力でより安全性の高い製品にして提供してくださっています。(びっくりするくらいの高基準です)

現代人の身体は、食事内容が欧米化してきて栄養が偏っている人が多いです。

さまざまな加工食品の利用や、不規則な食生活による栄養不良、栄養価の低下などによって常にカロリーオーバーかつ栄養不足になっています。

この問題解決の一助にと、合成着色料や合成甘味料などを含まない、自然の栄養素を安心安全に取れるサプリメントを開発してくださっています。

やっと出会った会社♡改めて本当に感謝ですー!!!

ミネラルソリューションズ

栄養素を吸収しやすいようにし、有害な物質を排泄するフルボ酸のパワーがすごい!!!

フルボ酸は人間の生命にとって大切な微量ミネラル、アミノ酸、糖質などを吸収しやすいようにし、また人間の体に有害なカドミウムや鉛、水銀などの有害金属を吸着・排泄することから、人間の様々な病気の改善と予防、そして健康維持や美容面での活用が期待されいる成分です。

デトックスの力が半端ないです!!!

摂取のタイミングで教科書的一番オススメなのは、食後もしくは寝る前です。

ミネラルは身体の中で作ることができないので、外から摂る必要があります。

ことろで、身体にやさしいご飯の代表といえば、和食を中心に「ま、ご、は、や、さ、し、い」を意識して摂りましょう!!!

ということを聞いたことがある人は多いと思いますが、なぜ「ま、ご、は、や、さ、し、い」がいいのか、ご存知ですー?

この食物に共通している栄養素が、なんと、ミネラルの中でもマグネシウムなんだそうです。

それだけ、ミネラルは不足しやすく意識して補う必要がある成分です。

余談ですが、マグネシウムの成分は便を柔らかくもしてくれます。便が硬くで出にくいという方は、水分摂取量を増やす、食事では食物繊維を多く摂る(グリーンエクストラクト)、マグネシウムを多く摂る(ミネラルソリューションズ)ということを試してみてください。

私は、初めてこのミネラルソリューションズを摂った時は、緑黒色の緩い便が出ました。何度か実験したのですが、やはり摂るのをやめてとり始めた初日は同じ反応でした(泣)。

ビックリして腸セラピストの方にご相談したら、過剰反応だそうだそうです。過剰反応はこの成分がとても不足していた状態の時に起こりやすいそうです。

また、「まずい」「身体が極度に受け付けない」場合も、極端に不足している状態が考えられるそうです。これも、私はたんぱく質で経験済みです。

本当に不調のデパート時代の自分を思い出しますが。。。

極度の不足が補われ、また慣れてくると味がどんどん変化していきました。

この辺りも楽しんでみてください〜♡

ミネラルをもっと学びたい方はこちらクリック!!!

マルチビタミン

ビタミンは単体でとっても意味がありません。

この図を見て欲しいのですが、不足してしる栄養素があると、栄養がうまく吸収できなくなっています。バランスよく、がとても大事です。なのでマルチビタミンが必要なのです。

摂取のタイミングで教科書的一番オススメなのは、食後もしくは寝る前です。追加では身体的もしくは肉体的ストレスを多く感じた日などは多めに。

そして、マルチビタミンはミネラルと一緒に摂ると適したバランスに保てるため、ミネラルソリューションズとセットで摂るのが理想です。

これで1日に必要なミネラルとビタミンを効果的に補うことができます。

ビタミンをもっと学びたい方はこちらクリック!!!

ミールリプレイスメント

これは、エンドウ豆のたんぱく質を主原料に、必要なビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく配合した植物性のプロテインです。

また、亜鉛が栄養機能食品になっています。亜鉛は、味覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の健康維持を助け、たんぱく質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。

たんぱく質は、人の生命にとって必要不可欠な栄養素です。

たんぱく質は、内臓から骨、髪の毛や爪に至るまで、からだの材料となる重要な栄養素です。

からだを機能させる酵素やホルモン、細菌やウイルスと戦う抗体などの材料にもなっています。

たんぱく質は約20種類のアミノ酸が連結し構成されたものです。

それぞれに優れた機能を持ちますが、複数のアミノ酸を摂取しても、もっとも少ないアミノ酸に合わせてしかたんぱく質は合成されません。

人間のからだをつくっているアミノ酸は主に20種類。

筋肉、骨、内臓、神経、血液、皮膚、髪の毛などの生体部分はもちろん、遺伝子やDNAもアミノ酸が結合したものです。

また、からだの働きを支えるさまざまな酵素や抗体、ホルモンといった機能性成分の材料でもあり、体液の浸透圧の調節や栄養素の運搬などにも欠くことができません。

このようにアミノ酸は命の根源ともいえるとても大事な物質です。

バランスよく摂り入れることで疲労回復やスタミナ増強、老化防止や美肌効果、免疫力の向上など、多岐にわたる働きが期待できます。

なので、たんぱく質が十分に摂取できていること、これはとてもとても重要です!!!

たんぱく質は、心の筋肉もつける!とも言われています。

セロトニンは、知っていますか?

脳内ホルモンである『セロトニン』が多いと、不安がなくなり精神的にも安定して穏やかになります。やる気やモチベーションも上がります。

この『セロトニン』の量を調節しているのが『セロトニントランスポーター』

というたんぱく質です。

『セロトニントランスポーター』が多いと『セロトニン』を有効活用できるので

更に気持ちが安定して、自信も出てきます。夢や希望に満ちた未来志向タイプなります。

予期せぬ出来事にも対応できることとストレス対処力もアップするのでストレスにも非常に強くなります。

体重コントロール、という視点でも筋肉量を落とさないためにも、かつ女性らしいスタイルを維持していくためにもたんぱく質は超重要です。

摂取のタイミングで教科書的一番オススメなのは、、そして追加では運動中・運動後です。(エネルギー不足を感じる方は、補食的に飲むのもオススメです。)

ダイエットに特に必要なミネラルは、鉄と亜鉛です。

身体を作り上げていくのはたんぱく質。

そして、質のいい睡眠を取るために必要な栄養素すべてがこのミールリプレイスメントに入っています

寝る時間の15時間前に摂ると良質な睡眠が促されやすいことから、朝ミールがオススメです。

反対にダイエットには、身体の仕組みからも質のいい睡眠を優先してとることも必要です。

たんぱく質(ミールリプレイスメント)を摂る最適量は、1回分は体重×1グラムが理想と言われています。

なので付属のスプーン2杯ではなく、ご自身の体重に応じて増加してみてください。(スプーン2杯で32グラムが目安)

例:体重64グラムならスプーン4杯目安 というのがたんぱく質摂取量の理想と言われています。

1回に摂るのが難しいければにこれを2回に分けてとっても大丈夫です。

また、より引き締めたい、体重を多く減量したい方は、食事の制限も多少は必要になってくるので、その分栄養素が不足しないよう、ミールリプレイスメントで意識して補う必要があります。

たんぱく質をもっと学びたい方はこちらをクリック!!!

グリーンエクストラクト

これは、野菜の摂取量が少ないと言われている日本人には必須です。

この製品は、年齢制限がなくお子さんにもお料理にもお茶としてでも、なんでも活用できます。

他のどこの青汁でも50種類も入っているところはなく、緑黄色野菜の持つ優れた栄養素や食物繊維が豊富に含まれています。

スーパーフードのアルファルファも入っています!

そして、食物繊維が豊富に取れるので腸内環境を整えやすくします。

いいことしかない(笑)

(メモ書きありの写真で失礼しますー)

なんと!!!日本成人病予防協会推奨品でもあります。

私は、母にこれをプレゼントしています♡調子がいいそうです。

食物繊維をもっと学びたい方はこちらをクリック!!!

オメガ3

みなさんご存知、血液サラサラ・集中力アップがオメガ3系脂肪酸のEPA・DHAです。

油は、とっても難しくて私もまだ十分に説明できないのですが、ポイントとしては、とにかく良質な油を摂ること、そして酸化させないことがとても大事です。

摂取のタイミングで教科書的一番オススメなのは、言うならば食後です。

なぜ、オメガ3が必要なのかはこちらにとてもわかりやすく書いてくださっています。

また、ダイエットには良質な油で油の交換をしてあげる必要もあります。

別記事でまた補足させていただきますね。

まとめ

現代人の私たちは、自分で自分の健康を守るには栄養補助食品の適切な利用が必要だと感じています。

なぜならば、作物の栄養素の変化、土壌汚染、住んでいる環境などをはじめ数10年前と比べても私たちを取り巻く暮らしは驚くほど変化しています。(自分たちが自分たちを苦しめている悪循環。。。)

ここで大事な考え方は、栄養補助食品で補っているから何を食べてもいいわけではなく、日々口にするものを見直すしていくことは、もちろん必要です。

何を入れるかよりも何を入れないか、の視点も重要です。

身体に負担がかかるものを入れない意識です。

例えば、毎日使う調味料は安全なものでしょうか?

製造工程まで目で見て確認することはできませんが、今世の中には「まがい」の商品が非常に出回っています。

私は、会社で少しでも安全なものに選別してもらい(厳選)、さらに自分で選別するスタイルを採用し、パルシステムを長く利用させて頂いています。楽です。(生活クラブも気になっているところです。)

こういうところを利用すると、自分で一から選ぶ手間が少しでも減らせるのでめんどくさいけど安全性が気になる方には特にオススメです。

もっとこだわりたい人は、やはり自分がこだわれるレベルまで選ぶ目を養う必要があると思います。

もしくは、支えたい会社・理念に共感する会社、自分の価値観と合う会社で買うという選択もいいと思います。

このあたりのことはこの本に書いてくださっていました。参考までに♡

サプリメントの説明が随分と長くなってしまいましたが、観察を欠かすことなく知識と体感で、目的に向かって健康美習慣の土台を作りましょう〜♡

The following two tabs change content below.

久保川温加

1981年生まれ、アネゴ肌のO型。陽菜*hinataサロン代表。2児のママ。 誰もが持つ可能性を引き出す楽しさに魅了♡ 人を育てることが大好きな現役理学療法士&なりたい自分になれる健康美習慣を一緒に作るライフスタイルプロデューサー。 生涯やりたいことをし続けられる身体作りを提唱する予防医学推進活動にも従事。 4世代に渡ってサポートできる医療での圧倒的な経験と自身の子育てを機にパワーアップした知識と経験のかけ算から生まれた細やかで手厚いサポートが大好評。既存のメニューにないサービス、お客様からのリクエストにお答えできるオンリーワンのサービスが提供できるのが最大の強み。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする