【感想】心の温かさや「生命力」注ぎ込まれる感じがするはるさん整体

カラダ作りで人生を変える理学療法士、はるさんです^^

今日は、はるさん整体を受けてくださった方の感想をご紹介します。

はるさん整体は、臓器の中で唯一コントロール可能な「呼吸」を改善することで、毎日の呼吸で自力整体できるカラダに導く整体です。

始まってすぐはるさんの手の温かさに驚き、ホッとしました。

触れた手の平を通して、心の温かさや生命力が注ぎこまれる感じがして、とっても気持ちよかったです。

ほどけて溶けていく感覚。

はるさんの名前は、久保川温加!

自己紹介すると、温かさを加える人なんだね〜って言われます(笑)

どうもはるさん整体は、そのようですね〜^^

みなさん、ご自身の感覚の変化を楽しんでいるようです。

施術後の写真は、普通に立っただけなのに施術前と全然違い、体が伸びていました。

ただ、寝ただけなのにビックリ!

スッキリして元氣をもらいました。

ありがとうございました。

もちろん感覚的な驚きだけでなく、視覚的にもビックリしたという変化はこちら。

姿勢だけなら、割とすぐに改善しますよ(笑)

ぽっこりお腹が改善する方、ウエストがキュッとなる方、バストアップする方、ヒップアップする方、様々です。

見た目は、やっぱり気になりますもんね。

ですが、それよりも、、、皆さんが気づいていないことで、多くの方が抱えている危機的なカラダの状態があります。

それは、息を吸って吐いてがうまく出来ていないこと!!!

気づいてないだけで、本当は、こういう状態!

関連画像
この方も、呼吸がうまくできていないくて(!)、表現するなら前後左右に胸が広がることができず、なんとか上下に吸っている状態でした。

呼吸器疾患をお持ちの方は、こういう上下に吸う呼吸状態になるんですが、疾患を持っていなくても、これが当たり前のいつもの状態と本人は思っていても、非常に辛い呼吸の仕方です・・・

息を吸って吐くって、誰もが知っている生命維持に必須な活動!

本人はもちろん無自覚なので、これまでは意識することはできなかったと思うのですが、整体後は、深い呼吸ができるようになったので呼吸の回数が減り、疲れにくく回復くしやすいカラダになりました。

睡眠の質もグッとあがり、生活の質もグーーーンと上がったであろうことが容易に想像できます。

これを機に是非、3度の食事よりも前に、まずは呼吸を意識して欲しいです。

これで、マジで(笑)人生変わると思います。

絶対、生きやすくなります!

なので、はるさんは呼吸の改善を一番の目的に整体を行ているのですが、整体を進めていくと、あるタイミングで一気に深い呼吸ができるようになります。

これまでと比べものにならないくらいすごく楽に呼吸ができるようになるので、カラダが生き返る感覚を得るようです。

この変化を、生命力が注ぎこまれる感じ、と表現してくれたのではないかと思っています。

始まってすぐはるさんの手の温かさに驚き、ホッとしました。

触れた手の平を通して、心の温かさや生命力が注ぎこまれる感じがして、とっても気持ちよかったです。

ほどけて溶けていく感覚。

みなさんの、生命力はどうでしょうか?

もう一度言いますが、
息を吸って吐くって、誰もが知っている生命維持に必須な活動です!
3度の食事よりも前に、まずは呼吸が大事!

さらに、ご自身が呼吸をうまく使えるようになると、それだけでカラダを緩め整えることができます。

しかし、そもそも深い呼吸をしようと思っても胸が大きく広がれる状態にない方がほとんどです。

はるさん整体で、生命力を感じるカラダのほどけて溶けていく緩みができたなら・・・

整体当日の夜は、

すごい緩んでます
仕事にならない(笑)早めに寝ます〜

翌朝は、

いや〜気持ちよかったです!爽やか!
思わず、パームセラピー調べちゃいました(笑)

10日後も、

まだ呼吸ちゃんと出来ています!!!

と、整体効果はしっかり持続しています。

整体1回目から、約2週間は効果が持続する方が多いです。

この効果をさらに持続させるセルフケアを意識して行っていただくことで、「本来の無理していないカラダ」近づけていくことができます。

はるさん整体は、生命力を上げて、毎日ごきげんに暮らしたい方をサポートしています。

パームセラピーをベースにその方に必要な手技を選択し、提供している、はるさん整体の詳細はこちら♡

The following two tabs change content below.

久保川温加

1981年生まれ、アネゴ肌のO型。陽菜*hinata代表。2児のママ、理学療法士(カラダ作りと生活動作の専門家)。 自身も我が子も靴でカラダが変わった経験と小児靴学を専門的に学んだことから足育活動を始める。 同時に現代っ子のカラダが危機的状況にあることを目の当たりにし、子どものカラダ作りまで活動を広げる。現在、ママから始める子どものカラダ作り「Mom’s first(ママが第一)」をコンセプトにママのカラダ作りにも力を入れている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする