外反母趾で足の裏が痛い・変な歩き方を治したい!根本的な解決を求めて♡

ママのカラダを整えて子どものカラダ作りをサポートする新体験セラピー「Mom’s first therapy・マムズ ファースト セラピー」創始者  理学療法士のはるさんこと久保川温加です。
「Mom’s first therapy」受けてくださった方の感想をご紹介します♡
外反母趾で足の裏が痛い・変な歩き方を治したい!ということで、靴の選択と日常でのケア方法、カラダの使い方の見直しが必要です。
ということをお話したうえで、まず姿勢も整えましょうと行いました。

1回での姿勢の変化

奥の戸のラインに合わせるかのように整いました。

感想を頂きました

外反母趾で左足の裏に硬いたこができ、痛くて絆創膏をはっていました。
かばって変な歩き方になるし、根本的な解決にならないとハルさんに相談させてもらいました。
あと、いつも、長時間草引きした後に痛くなる左腰付近…。
右じゃなく、左側への体が痛くなるのは何でだろう、そんな疑問も聞いてもらい、どこがどうなってるのか、体を見てもらった上で、簡単なエクササイズを教えてもらいました。
ビックリしたのは筋肉不足、体の固さで痛い~とか、苦しい~とか感じる内容ではなく、「力を抜く」という、全く新しい視点。
「これで何か変わるのかな~」と半信半疑でしたが、ほんの数分で素人が見ても分かる変化が見えました。
いくつか教えてもらった中で、この「はぁ~」っと力を抜くのは簡単で早速よくやってます(笑)
今後も、色々アドバイスをもらって日々楽な体で過ごしたいので、継続してみてもらえると嬉しいです!
あと、最近姿勢の悪さが気になる息子もみてもらいたいなと思ってます。
宜しくお願いします。
The following two tabs change content below.

久保川温加

1981年生まれ、アネゴ肌のO型。陽菜*hinata代表。2児のママ、理学療法士(カラダ作りと生活動作の専門家)。 自身も我が子も靴でカラダが変わった経験と小児靴学を専門的に学んだことから足育活動を始める。 同時に現代っ子のカラダが危機的状況にあることを目の当たりにし、子どものカラダ作りまで活動を広げる。現在、ママから始める子どものカラダ作り「Mom’s first(ママが第一)」をコンセプトにママのカラダ作りにも力を入れている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする